Language

Vacation Photos

We just got back from a camping vacation to ZIONS and BRYCE Canyon. Here’s what we saw…I Love Utha!

Atsushi at Narrows Csnyon

with Bryce Canyon

Atsuhi on the wild rock.

walking the barren land

How do you enjoy the camping night?

Bryce Canyonに引き続き、ZIONS National Parkを訪れました。ここは国立公園として全米ベスト10に入るほどの人気と規模を誇ります。実は以前から行きたいと思っていたものの、夏のこの時期はいつもキャンプ場が満席で断念していたところを今回はキャンプ場の場所が確保できたので急遽旅行がきまったのです。

噂に聞いていた通り、見渡す限りに広がる国立公園の渓谷と山々は広大な規模で入り口から驚かせてくれましたが、Visitor Centerに行くと、なかなか駐車場の空きが見つからず、この大自然のなかでの混雑ぶりにも驚きました。ただ、その辺りはしっかり管理がされており、年間300万人ほどが訪れるZIONSでは様々な自然への配慮の工夫がされていました。

1:マイカー規制 公園の中心部へはマイクロバスでしか行くことができません。もちろんバスは電動で、自然の風を取り込んでいるのでエアコンが無しでも快適です。

2:エコ建築 Visitor Centerには空調は設置されておらず、夏場は”Wind Catcher”と呼ばれる煙突場の筒で、あたたかい外気を冷やして冷気として室内に送り出していました。面白いシステムです。

ZIONS NATIONAL PARK. It’s gorgeous!

Visitor center. They adopted wind catch cooling system with chimney. Inside was so cool.

そして、夜はお待ちかねのキャンプ場です。あいにく、山火事の危険性が ”超注意”だったので薪で火を起こすことは全面で厳重に禁止されており、楽しみにしていたBBQができませんでした。代わりに小さなガス器具で茹でソーセージ等を楽しみながら夜を満喫しました。そして、このキャンプでもいくつかの発見があったのでちょっとまとめてみます。

「キャンプ場がキレイで静か!」

街ではどこでもパレードをして騒いでいる建国記念日にキャンプをしにくるということは、よほどのキャンプ好き、もしくは街でのお祭り騒ぎより自然愛好家のようです。

①キャンプ好き→自然派→街の喧噪よりも自然の中でゆっくりする時間が好き、夜型よりも朝型人間→夜は早くて静か(もしくは子供連れの家族で楽しんでいるグループが多い)

②キャンプ好き→キャンプ用品にお金を掛けている。もしくは良く手入れがされている→どの家族の装備もピカピカ。

というわけで、キャンプ場がキレイで静かということに驚きながらとても快適な宿泊でした。大自然を満喫するだけでなく、各キャンピングカーを見て回ってそれぞれの仕様や持ち物をキャンプ場で観て回るのもとても面白いです。キャンプの知識と楽しみが増える夜となりました。

 

At the night, we stayed the campground. It was full and I was surprised,because everyone has rich camping car!

 

Angels Landing

ZIONS国立公園での今回の私達の一番の目当ては “Angels Landing”と呼ばれる上級者向けのハイキングでした。高所恐怖症ではまず行けないとみんなに言われるそのコースはかなりの華奢な足元を辿って山頂に行くとのこと、体調を万全に早朝から出発していざ挑戦です。

上り始めて30分ごろから周りはすでに素晴らしい景色、すでに満足しながらゆっくり上っていくとやがて視界が広がり、(そろそろ山頂かな?息は少し切れたけどそんなに上級者用ではないなあ)と思われる場所に到達しました。ただ、そこでびっくり。そのちょっとした広場から先に人一人通れるかどうかの断崖絶壁に鎖が掛けられ、どうやら本番はここからだということが分かりました。

 

The way to Angel !

It was very scary! We clung to the chain.

写真を取る余裕が無いほどの道を通りすぎ、山頂到着です。まさに夢心地の景観がひろがりました!!怖かったぶん、その充実感はずっしりとしたものがあります。

We reached the summit. It was wonderful view!!!

 

Don’t look the other way!

私達が下山するころ、これから挑戦する人たちで山が賑わってきました。登ってみてわかりましたが、実際に登頂できるのはおよそ半数の方のようです。鎖コースを目の当たりにしてそこで断念する人、鎖を手にしたものの足が竦んで膝の震えが止まらず引き返す人、おそらく小学生以下のお子さん連れの方も危険で登れないだろうと思います。

山頂付近まで行って登頂できないのは残念だろうと思いますが、自己判断してしっかり断念できるのも賢い決断です。半数近くもの人が山頂をあきらめる状況にその場では驚きましたが、周囲の人に合わせるわけでもなくあっさりと断念する潔さはアメリカならではだと感じました。

 

Bryce Canyon

アメリカでの最大級の祭日の一つ独立記念日のお祭りと、近くの山で起こった山火事をよそ目に私達は休日を楽しむために、ユタ南部に広がる国立公園群へのキャンプに出かけました。

最初に訪れたのは”Bryce Canyon”です。4000~5000万年前にあった巨大湖に堆積した石灰質の層が変化して出来たとされるこの造形は自分の目でみると本当に迫るものがあって、その大きさと、複雑な造形、光と色のグラデーションに圧倒されました。

また私には、この形の全てが誰かの意志で作られた建築造形のように感じられ、ガウディのサクラダファミリアを思いだして、(これにはガウディもかなわないなあ)などと建築的に刺激されました。私にとってはグランドキャニオンより驚きの景観でした!おすすめです。

 

The view from top.

We hiked between the canyons. It looked huge columns.

The view from top. It might be more powerful than Gaudi works.

It looks like people or architect or …..I was surprised for everything.

Alpine fire

僕たちが住んでいる町パークシティから、30km離れたところにあるアルパインという町で、現在、山火事が発生しています。80世帯が避難しています。僕たちの住んでいる場所まで、飛び火する確率は、ほぼ無いと思います。

この数週間、雨も降らずに、カラッカラの天気だったのですが、午後から曇ってきて、なにやら白い物がチラチラ降ってきました。

あれっ?と思い、触ってみると、灰。ちょっと焦げた匂いも。最近のアメリカの至る所での大きな山火事は知っていたのですが、まさかこんなに近くまで飛び火しているとは。ビックリしています。

地元の方が撮ったビデオを埋め込みました。

httpv://youtu.be/SsKM1-gNlD4

家のデッキに降って来た灰。

 

明日はアメリカ建国記念日。アメリカ中がお祝いムードです。今日は、7月3日ですが、僕たちのオフィスでは、今日、仕事をする人は1人もいません。7月8日の日曜日まで、おやすみです。

建国記念日には、どの街でも花火をあげます。今日は、7月3日ですが、今日あげることになっていた花火はすべて中止になってしまいました。残念ですが、安全第一です。

家から空を見上げました。この雲、全部、山火事によるものです。

Viva “the Stars and Stripes” !

土曜日の夜、ダウンタウンのメインストリートへ出かけると、町を飾るショーウィンドウがどこも星条旗で彩られていました。

そうです、もうすぐ “July 4th” アメリカ人の愛国心がお祭り騒ぎとなって現れる日がきます。

show window for July 4th

All of displays of this boutique made with red and blue.

Of course, even for bags and shoes.

Viva “the Stars and Stripes” !