Language

日々の生活で楽しい事って何?

旅の間は刺激的な日々が続きます。普段田舎暮らしなこともあって、人との出会い、目に入る町の動き、買い物で目にする物、物、物、楽しい刺激的な時間が続きます。それはとても楽しい日々ですが、でも、やっぱり3ヶ月家を空けると、そろそろ家に帰りたいな~と思えてきます。

calm time in my kitchen

calm time in my kitchen

そこで「家に帰りたい」って気持ちはどこから生まれるのか、考えてみたところ、私の場合、主に2つありそうです。

1 インプット情報で満腹状態。旅行で仕入れた情報で頭が満腹になって、そろそろ落ち着いて入れた情報を消化したいと思えてきた。

2 どこでも寝れる性格、とはいえやっぱり体が疲れてきた。家でゆっくり休みたい。

1の情報の消化不良状態は、できればその都度、旅先でもどこでも消化しけるようにしていきたいものです。毎日仕入れた情報から自分がいいな、と思ったものを気に留め、それが何で気に入ったのかを考えるくせをつけたいものです。そうすれば自分のアイディアの芽が旅先でもどんどん育つかも。また、旅行では目を見開いて色々見ようとしているのに、日々の静かな田舎暮らしからは何の情報も積極的に入れようとしていない、ってことかもしれません。それは悲しい。日々の生活を軽ずべからず。随分前に誰かが言った「心とセンスは日常からしか磨かれない。」そんな言葉が心に刺さったことを思いだしました。

2のゆっくり休みたい。これについては、ではなんで旅先でゆっくり休めないのか、旅先のでも家族一緒だし、気疲れはが原因ではない。どこでも寝れる性格だし、お風呂はどこで入っても気持ちがいいし(きれいであったかいお湯がでるなら)、そもそもソファもTVの我が家のリビングにはないから、そんなまったりタイムが恋しいわけでもない。となると、、、台所?!どうやら私は我が家の台所と寝室が恋しいようです。どこに何があるか勝手知ったる自分の台所。調味料も食器も、自分の作りたい料理に合わせて思い通り。特に海外で日本食を作った場合、作り始めたものの、しょうゆはあったけど、酒がないんだった。。。うどんをつくったけど、フォークで食べる。などなど、まあ目をつむるけど、やっぱいまいち。という場面の連続で、そのひとつひとつがストレスにつながっているようです。考えてみると家に帰って料理をしてるときが一番「帰ってきた~~!!」という気持ちになります。これからは、旅先にもってく必須調味料セットでも用意していこうかな。。

It's my dream house

It’s my dream house

家を空ける生活が多い方の荷物のスタイルは主に2つあると思います。

1 旅先では常に身軽にトランクはほぼ空っぽ。郷に入れば郷に従って生活するし、旅先の非日常を最大限に満喫!

2 旅先でも使い慣れた持ち物(日常)を持ち込んで、できるだけストレスの少ない日々を目指す。安定型!

学生のころ、一人で旅行するのが多かったころは1型を目指して荷物は少なければ少ないほどよし!としていましたが、子連れで、しかも頻繁に外出が多くなった今としては、目指すのは2型かもしれません。旅先での快適な時間を求めて、荷物を厳選するために、日常の荷物も厳選して、旅と日常の境をあいまいにしていく。そんな生活スタイルを求めていきたいです。

 

 

pursuing a dream house

pursuing a dream house

No Comments

Post a Comment