Language

ブラフでの生活を楽しむ方法

この秋は学生とのプロジェクトがないため、普段はこのブラフキャンパスはとても静かです。でも定期的に月に数回はゲストの方がいらっしゃるので、その都度、キャンパスの案内、プロジェクトの紹介、過去のプロジェクトツアーなどを行います。

The next DBB students visited Bluff.

The next DBB students visited Bluff.

気持ちいい清潔な空間でお出迎え

訪れるゲストは学生の方が中心で、一度に十数人を迎え入れるのが普通です。迎え入れる前に私たちが行うのは、建物内外の清掃とトイレットペーパーなどの消耗品の補填です。わざわざ半日以上の時間をかけてここまでやってきてくれるので、できるだけ気持ちよく過ごしてもらいたいと意識しています。ただ、これまでプロジェクトの進行と平行して多くのゲストを迎え入れていた時には、すでに余分の別途はないので、ゲストは藪でキャンプをすることが一般的、キッチンもバスルームも許容人数を越えていたので、満足のいくもてなしはまったくできていませんでした。そういう点では、今年の様に、キャンパスが適度に空いているというのは、多くの方にいい時間を過ごしていただけるというメリットが有るようです。

They were sketching the campus.

They were sketching the campus.

またきっちりと掃除をしてきれいな空間でお客様を迎え入れた際には、その方々が帰る際にきれいにして帰っていただける、お互いに気持ちのいいサイクルが生まれます。ただ、長い間滞在する学生の中には、長期的に過ごすうちに施設が自分の家のように感じてしまって汚くでも気にならなくなる。また、当初は率先して掃除をしていた学生も、掃除をしない学生に引きづられて掃除をしなくなる。。ということはよく見られます。できるだけきれいな空間を提供する、きれいな空間にしようと努める行動はしっかり評価する、ということを私たちがより意識して行わなければならないと思いました。

visiting previous projects

visiting previous projects

この場所ならでは!を情報共有

あとは、ここでしか得ることのできない経験をお客様に提供する。自分たちの居るこの場所をもっとよく知って、その情報を伝えることも私たちのできることかもしれません。ここでしか見れない景色、星空、文化、興味はあるもののいまいちしっかり把握できていないものばかり。。

visiting previous projects

visiting previous projects

あとは笑顔?

やる気のある学生は何も言わなくてもたくさん私たちに質問をし、自分でも情報を集めて、どんな体験でもより濃い体験にしようと頑張ります。でも、そうじゃない大半の学生のためにも、気軽に来たお客様にもできるだけ楽しんでもらうようにこちらからの働きかけをしていきたいです。

 

 

 

 

 

 

No Comments

Post a Comment