Language

Russian stove ·_· Desert

今回のブログのテーマは、「ロシアンストーブ ·_· 砂漠」

ロシアンストーブと砂漠を繋ぐデザインです。

ロシア出身の学生が、今回の住宅の暖房設備に、熱効率のいいロシアンストーブを提案していました。僕は、ロシアンストーブの存在をこれまで知らなかったので、こんなストーブがあるのかと驚きました。今回のこのサイズは、ロシアでは小さいほう。大きい物になると家ぐらいの大きさのストーブもあるとか。。。

Natural plaster finish

Natural plaster finish

 

これまでのDesignBuildBLUFFでは、ロケットストーブと呼ばれる熱効率のいいストーブが、よく施工されていましたが、スラブの上に直接設置するため、そして、横に長いため、熱が床に逃げてしまい、部屋があまり暖かくならないといった苦情を頂いた事があります。床上げした住宅に設置したプロジェクトのクライアントには大変喜んで頂いたこともあるのですが。サイズの面から話をすると、ロケットストーブは横に長いため、ベンチとして使用する事になると思うのですが、小さい家には向いていないでしょう。

このロシアンストーブはすべて耐火煉瓦で作られています。変わった所は、排気システムです。一番大きな中央ドアを開けて牧をたくさん並べて点火します。一度点火すると、その牧が燃え終わるまでこのドアは開けません。一度の点火で6時間ぐらいは暖房効果があると言われています。排気管は一度床まで落ちて、そこからストーブ中央まで上がり、このストーブの上部内を1周、螺旋して、上部のダクトから排気されます。

実際のロシアンストーブは、装飾されている場合が多いのですが、ローカルなマテリアルを使うという事で、地元の土を使った仕上げにしました。

このストーブは、近くのロシアンストーブ専門施工会社に来て頂いて、施工したのですが、いつくかの問題点が浮かび上がりました。

 

1。デザインビルドのよさ

職人が5日間しか滞在できず、学生に手伝わせるよりも、職人のみで作業しないと、完成できないという懸念から、学生が施工に参加できませんでした。デザインビルドにより、実際に作業すると、準備、施工方法はもちろん、素材についてもより深く学ぶ事ができるのですが、今回は、どの学生もこのストーブについて、深く学ぶ事ができなかったと思います。

2。熱効率

ストーブがどれほど効果があるのかがわからないこと。これまでに施工したストーブも含めて、数値での証明が必要になると思います。温度センサーを使ったモニタリングシステムの導入を考えています。

3。文化

今回のデザインは、ロシアンストーブのデザインをそのまま、ネイティブアメリカンのために施工しました。仕上げは、ローカルな素材を使いましたが、ロシア人がデザインした物が、ネイティブアメリカンに合うのかどうか、もう少し、学生に考えさせてもよかったと思います。

4。職人の質

日本で多くのワークショップに参加したことがあるのですが、日本のどの職人も、道具の手入れをしっかりしています。アメリカの職人はそうではありません。今回、特に気になったのですが、道具があまり手入れされていませんでした。すばらしい建築を作る職人がなにを考えているのか、すばらしい道具からすばらしい建築が生まれるという事を学生に学んでほしかったです。

Mixing hemp fiber into natural plaster

Mixing hemp fiber into natural plaster

インターネットで購入した麻は固まりになっていたので、はさみで切って、捌く作業。このストーブを仕上げるだけの麻を捌くのに5時間以上掛かりました。

 

 

No Comments

Post a Comment